MK PLANNING合同会社

CHC-MOTOの革ツナギはいいの?その4

お問い合わせはこちら 商品の購入はこちら

〒206-0014 東京都多摩市乞田1052

CHC-MOTOの革ツナギはいいの?その4

CHC-MOTOの革ツナギはいいの?その4

2021/06/18

CHC-MOTOのレーシングスーツはどうよ?

革ツナギのオーダーはお任せ下さい。

その3パンチング&シャーリング

今でもパンチング加工は有料オプションとしてやられているメーカーさんもいますが、

CHC-MOTOのカスタムレーシングスーツは全て標準仕様。パンチングの追加料金はかかりません。

MFJ公認スーツは指定部分があって、革に穴を開けていい部分と開けていけない部分がちゃんと決まっており

規定さえ守れば、パンチングしたい箇所としたくない箇所はライダーのご要望通りに出来ます。

同様にシャーリング部分もCHC-MOTOも標準装備です。

CHC-MOTOのシャーリングは脇下から腰までが一体式になっていて、この繋がっている部分が今後、

インナーエアバッグを装着した場合、転倒して膨らんだ時に丁度よく伸びる様になっており非常に重要な部分です。

もちろん、シャーリング部分の色も変えられますよ。

これから革ツナギを作る方、新調したい方はぜひご相談ください。

CHC-MOTOフルオーダーカスタムレーシングスーツならきっと満足していただけます。

 

それでは、今回の紹介するデザインは日本のサポートライダー達のデザインです。どれも個性的で、格好いいですよ!

 

デザイン26

ST600 小林隼士選手

Facebook

デザイン27

ST1000 iZechariah Dzegede選手

Facebook

デザイン28

FIM ENEL MOTOE 大久保光選手

Facebook

デザイン29

S80 荻原羚大選手

Facebook

デザイン30

S1-PRO 榎本優選手

Facebook

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。